住まいに安心を届ける先進のセキュリティ。
カラーモニター付オートロックシステム
来訪者の画像と音声を確認できるカラーモニター付インターホンを設置しました。居住者はモニターで来訪者を確認しオートロックを解除。各住戸の玄関前でも再度インターホンで確認できます。都市生活に欠かせない安全性の高いセキュリティシステムを導入しています。(玄関前については音声のみ)
綜合警備保障(ALSOK)による24時間監視システム
住戸内で火災等の異常が発生した場合、住戸内のインターホンが警報音を鳴らし、警報表示が点滅、さらに管理室にも警報が届きます。同時に綜合警備保障へ自動通報され、迅速かつ的確に処置。状況に応じて関係機関に通報します。
  • ノンタッチリバーシブルキー
    キーのタグを集合玄関機のセンサーにかざすだけでオートロックの開錠ができるノンタッチ(非接触)キーを採用しています。
  • スイッチ式サムターン
    サムターン中央にあるスイッチを押し込んだ状態にしなければサムターンを回すことができないため、不正解錠防止に効果的です。
  • 指挟み防止付き違いサッシ
    引き違いサッシの開閉時に誤って指を挟んでしまわないように、指の分だけ隙間をつくるストッパーを備えました。
  • こじ破り対策
    鎌デッド錠を採用し、鎌状にせり出してくるデッドボルトがストライク部にガッチリかみ合うことで、こじ破りに強くなっています。
  • ふた付きドアアイ
    ドアアイに切り欠きを設け、回しにくい形状になっています。また、在室確認が外部からできないように裏ぶたを備え付けました。
  • 玄関ドアのダブルロック
    玄関ドアはキーシリンダーを2つ備えたダブルロック仕様。ピッキングなどによる住居への侵入防止に効果を発揮します。
大切な暮らしと資産を安心と信頼で守る。
  • 二重床・二重天井
    床はコンクリートスラブと床材の間に空気層を設けた二重床構造。天井面を二重天井とすることで、リフォームやメンテナンスを容易にし、さらに遮音性も高めています。また、二重床は遮音性の高い⊿LL(Ⅱ)−3の床組みを採用。下階に対する生活音の伝わりに配慮しています。
  • 建物を支える堅牢な杭構造
    地盤調査に基づいて、深さ約31.5m以深に杭長(約31.05m〜32.00m)の場所打ちコンクリート杭9本を、支持層である砂レキ層に埋込む、アースドリル拡頭拡底杭工法を採用しています。
  • 耐久性に優れた構造躯体
    建物の主要構造部材(杭を除く)には、1㎡あたり最大2,700〜3,300トンの圧縮にも耐える高耐久性コンクリートを採用。また設計住宅性能評価の劣化対策等級(構造躯体等)で最高の等級3を取得しています。(建設住宅性能評価は取得予定)
  • 耐久性を高めるコンクリートかぶり厚
    コンクリートを劣化させる原因となる、コンクリート内部の鉄筋の錆びを防ぐために、鉄筋を包むコンクリートの厚さ(かぶり厚)を充分に確保しています。さらにタイルを貼ることにより耐久性を向上させています。(一部箇所除く)
  • 対震ドア枠
    地震時に避難経路が遮断され、逃げ遅れが生じてしまう事故を防ぐため、玄関には揺れによる建物の歪みに対応し、万が一の際にも開閉できるように配慮した対震ドア枠を採用しています。
  • 壁の仕様
    住戸間の戸境壁は乾式と湿式を採用。外壁は約150mm以上(エレベーター周り200mm)と充分なコンクリート厚を確保。外部からの騒音侵入はもちろん、隣戸間における生活音漏れに配慮し、遮音性に優れた居住空間をかなえています。
  • 構造計算書に基づく十分な鉄筋量
    構造計算書により鉄筋量を決めています。末永く安全にお住まいいただける強度を確保しています。
  • 耐久性を高めるダブル配筋
    外壁には、鉄筋の組み上げ精度を高め、耐久性及び乾燥収縮のひび割れを極力抑止するダブル千鳥配筋又はダブル配筋を採用しました。
  • 耐震構造
    建物自体の剛さや強度で地震の揺れに抵抗する耐震構造を採用。極めて希に発生する大地震の際にも建物の倒壊・崩壊しない耐震強度を確保しています。
※掲載の写真は現地モデルルームを撮影(平成30年1月)したもの、及び当社施工例です。実際の販売住戸とは異なる場合がありますので、詳しくは販売係員にお尋ねください。家具・調度品、その他設計変更仕様・オプションは分譲価格には含まれません。
All Rights Reserved KOSE R.E. Co.,Ltd.